産後2か月~4か月のママ・パパへ『”産後うつ”を早期に発見し対応する仕組みづくりに力を貸してください』

4月下旬にスタートした、佐賀大学医学部看護学科母性看護・助産学領域、一般社団法人ヘルスサポターズイノベーション、西九州大学リハビリテーション学科理学療法学専攻リスク計測テクノロジーズ株式会社の共同研究

研究タイトル

音声マインド分析技術Motivelによる母親と父親の産後うつ病のスクリーニングの有用性

少しずつご参加くださる方が増えてきましたが、目標の

男性・女性 各200名

の達成は、まだまだ遠い道のりです。

産後の母親と父親の“うつ”を早期に発見し、対応する仕組みづくりに協力ください。

また、もしみなさまの周りに、対象となる人がいらっしゃいましたら、どうぞお声かけをよろしくお願いします。

コロナ禍で、産後うつの方が増加しています。

産後2か月から4か月は、女性は妊娠や出産からの回復の分かれ目、男性は産後うつを発症しやすい時期です。

体のあちこちが痛い、不調を感じる等の症状は軽症の“うつ”かもしれません。

不調が無い方、ある方、どちらも参加できます。

ブログ一覧